つぎはきっと、いいゆめをみるよ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 top↑
みぞれ


120円のぬくもり(税込)



缶コーヒーのぬくもりで君は嬉しそうに
格好つけられない自分がとっても憎いまま
難しい言い訳で綴る僕のラヴ&ピースなんて
君を不機嫌にさせるだけだ 単純な理想だけ

君の教えてくれた記念日を僕は覚えきれず
誕生日に君にプレゼントしたのは互いの愚痴
どうしようか忘れられない冷たい声した君
やっとたどり着いた花は光を欲しがっていた

前髪がかすかに揺れた最後の日曜日
全ての時間が止まって泣き崩れたモノクロの街
頬には冬の風 心には希望をごまかすみぞれ雪
最後は冷たく突き放して欲しかった君の想い

壊れそうな自分の中で強く支えてくれているのは

缶コーヒーのぬくもりと君の別れの言葉




fin.
スポンサーサイト

恋愛詩 CM (4) TB (0) top↑
<< BACK | TopPage | NEXT >>
comments

缶コーヒーの飾らないあたたかさが
彼女には一番嬉しいことだったのでしょうね。
飾らず、自然な心。
彼女のために、少し飾りたかった恋心。
すれ違いな想いが、別れへとつながる。
切ないけれど、明日へつながる失恋かな。
2006-12-07 Thu 21:22 | URL | kyo-ko-coco #-[ 編集/削除]
kyo-ko-cocoさん>>
コメントありがとうございます!
ちゃんと好きなら、それはそれでよかったんでしょうね
男は、見栄を張てしまうものなのでしょうけれども
甘さ控えめのコーヒーだったようです

またお越しください^^
2006-12-07 Thu 21:52 | URL | Aki #-[ 編集/削除]
訪問どうもありがとうございます!
そして相互リンクまでもしていただいて><w
嬉しいです☆

なんというか表現を言葉にできないけどw
亜季さんの詩にグッとひかれる部分があったりしたので
リンクはらせてもらったのですが、驚かしてしまったようで^^
もうしわけないですw

それではwまたきますねw
2006-12-08 Fri 11:12 | URL | 啓也 #-[ 編集/削除]
啓也さん>>
レスコメントどうもです^^
出来るだけ、多くの方に見ていただきたいので
リンクは積極的に組ませてもらっています。

たまに支離滅裂だったりしますが
たった一行だけでも共感や感情移入のできる言葉選びが
できればと思います。

これからも、応援よろしくお願いします!
2006-12-08 Fri 19:57 | URL | Aki #-[ 編集/削除]

top↑
Post a Comment
 

管理者だけに閲覧
 

Track Back


top↑
| TopPage |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。