つぎはきっと、いいゆめをみるよ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 top↑
やさしいゆめ


目を覚ませば、君がいて欲しい



君はあたしの話の前じゃいつも上の空
頷いた様で聞いてた振りなんかしないで
ぼんやり顔の君の隣 赤ら顔のあたしを見て
あたしの初めてが君の初めてでありますように
気付いてない振りをするのはもう辛いけれど

君の見る星空があたしの見る夜空ではないよ
君の育てる朝顔とあたしの夕顔は同じに咲けない
特別なあたしでいるには 君はずっと遠いまま
本当に好きな人なんて気付きたくなかったんだよ
素直に答え聞けないよ 君は優し過ぎるナイフ

昨日の夢に出てきた君はあたしの胸の中
今日夢に出てきた君は大人になっていた
朝目覚めたらちゃんと君がいて欲しい
優しい寝顔をする君がいて欲しい
あたしを好きでいてくれる君が欲しい

もう子どもじゃないからあたしは泣かない泣けないよ
まだ大人になれないからあたしは黙って退けないよ
君の悩み事を聞いてあげられない程あたしは遠いまま
困った顔なんてあたしの前ではせずに奪って欲しい
もういいかい/まーだだよ 背中合わせのかくれんぼ

昨日の夢に出てきたあたしは君を探していた
今日夢に出てきたあたしは大人になりきれない
朝目覚めたらちゃんと君がいて欲しい
優しい寝顔をする君がいて欲しい
あたしを好きでいてくれる君が欲しい



fin.
スポンサーサイト

恋愛詩 CM (5) TB (0) top↑
<< BACK | TopPage | NEXT >>
comments

言葉の紬が可愛いです●b'`d+)

>昨日の夢に出てきたあたしは君を探していた
>今日夢に出てきたあたしは大人になりきれない

とか「んー」ってカンジ。(?笑

このブログのスタート地点なんでしょうか。
2007-01-06 Sat 13:28 | URL | 小揶 #IY7bLZJE[ 編集/削除]
小椰さん>>
コメントありがとうございます
「んー」って感じですかw
新しい年の一発目ということで、ブログタイトルをメインに詩を書いてみることにしました。
もっと純愛でいくつもりが、、ひねくれてますかねw
2007-01-06 Sat 19:02 | URL | 亜季 #-[ 編集/削除]
どうも、お久しぶりです。以前コメントいただいた「偽愛」管理人らいです。こんにちは。

もう子供じゃないからあたしは泣かない泣けないよ・・
ここがキました。大人と子供の中間のアンバランスな恋愛は子供ほど生ぬるくないし、でも大人ほど熱くもなれない微妙な感じ。

じれったい、甘さ(?!)が癖になりそうな作品ですね。
2007-01-06 Sat 21:39 | URL | らい #-[ 編集/削除]
「やさしいゆめ」…
ここのブログの題名なのですよね。
なので亜季さんを象徴する詩だとして、壊さないように読みましたつもりです。

そうして愛おしい。
恋する、甘く愛おしいものが心を濡らしました。
だけど切なさもあって… 心地いいです。

>背中合わせのかくれんぼ

このような表現、とっても素敵です。
お互いが見えていないんでしょうか。
でもお互いを感じ取ってはいて…
不思議な感じです。
振り向いて、顔を見合わせたらどうするのでしょうね。
想像してしまいました^^

そして遅れましたが新年明けましておめでとうございます。
気ままな管理人ですが、今年一年どうぞ宜しくお願い致しますvv
2007-01-07 Sun 00:53 | URL | 綯 #6pY8g0gI[ 編集/削除]
らいさん>>
どうも、お久しぶりです
恋と愛は違うのに、恋愛という言葉は似たような意味で用いられています。これは、子供も大人も一様にできることを示しているように思いませんか?w
何もかも捨てられるほど好きになれるのは子供で、何もかも忘れられるほど愛せるのは大人って定義どうでしょうw
感想ありがとうございます^^

綯さん>>
ぁ、あけましておめでとうございます^^
声は届くのに、なんで見えてこないんだろうって
背中合わせのかくれんぼはそういった意味を込めています。
振り向くことはお互いできない、素直になれてたらこんなことにはなってない変な意地があるかもしれません。

このやさしいゆめというタイトルは、何度も使っていこうと思っています。一つの場面で終わらせること無く、シリーズ化を(ぁ

またお越しください^^
2007-01-07 Sun 03:42 | URL | 亜季 #-[ 編集/削除]

top↑
Post a Comment
 

管理者だけに閲覧
 

Track Back


top↑
| TopPage |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。