つぎはきっと、いいゆめをみるよ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 top↑
りっぷさ~びす。


水商売って、こういうのとは違うのかね
※詩自体は、意味がわかりません。ご注意ください。



リップサービス、それが私です。
あなたが頼んでくれた特製を
私は嬉しそうに飲み干すのです
この唇はまた潤いを満たすに至る

リップサービス、私の職業です。
あなたの手を、独り占めグラスから奪って
そっと唇の雨を添えてあげる短時間
この唇は少しの乾きを欲しがってます

リップサービス、時代遅れの私です。
恋をさせるためだけに生まれた私
心引き裂かれるあなたを可愛がって
喜怒哀楽、二度快楽、今逢いたく

Rip-Lip-Service、私の意味です。
舐めて、口付けして、咥えて、飲み干す
あなたの頼んだ特製カクテルの名前
人来夢[ジンライム]でサービスしました

rip-lip-ripper



end*
スポンサーサイト

恋愛詩 CM (0) TB (0) top↑
<< BACK | TopPage | NEXT >>
comments


top↑
Post a Comment
 

管理者だけに閲覧
 

Track Back


top↑
| TopPage |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。